9種類の黒成分って何?効果や特徴を徹底解析

野菜

 

このページでは、黒汁(KUROJIRU)に含まれる重要な成分である黒成分について解説します。

 

公式サイトにも黒汁(KUROJIRU)には9種類の黒成分が配合されていて、それが非常に高いダイエット効果をもたらすといったことが書いてあるのですが、それだけだとイマイチ効果が実感できません。

 

そこで、このページで9種類の黒成分について深く解説していきたいと思います。

 

これを読めば、あなたもより黒汁(KUROJIRU)に魅力を感じることになるでしょう。

 

9種類の黒成分って何?

解説する女性

 

まずは黒汁(KUROJIRU)に含まれる9種類の黒成分について解説します。

 

9種類の黒成分とは、以下の9つの成分のことを指します。

 

  1. 発酵黒ショウガ
  2. 黒ジャバラ
  3. 黒スグリ
  4. 黒大豆きな粉
  5. 黒酢
  6. 黒ニンニク
  7. 黒高麗人参
  8. 黒ハチミツ
  9. 黒チアシード

 

それぞれの効果や効能を簡単に紹介します。

 

発酵黒ショウガ

ショウガそのものは、Zingiber officinaleと呼ばれ、インドから東南アジア原産のショウガ科の多年草のことを指します。

 

免疫力を高める効能があるとされています。

 

ショウガの中に含まれるショウガオールは血液循環を促進して体を温める作用があるとされています。

 

要は、ショウガの代謝を高める効果がダイエットに着目されているんです。

 

なかでも、黒汁(KUROJIRU)が配合しているのは、高知県産の黄金生姜を黒麹菌(くろこうじきん)で発行させて製造したショウガです。

 

ポカポカ作用や抗酸化作用に優れています。

 

黒ジャバラ

黒ジャバラは和歌山県北山村産で、「邪気を払う」というのが名前の由来です。

 

縁起のいい食べ物とされていて、この黒ジャバラを発酵、熟成させることで抗酸化作用や抗アレルギー作用を向上させる効果が期待できます。

 

黒スグリ

黒スグリってあまり聞き慣れない言葉ですね?

 

これは別名をカシスといいます。

 

ニュージーランド産の黒スグリを株式会社ファビウスが独自の製法で粉末化した成分です。

 

吸収性の高い4種類のアントシアニンを含んで高い抗酸化作用をもたらしてくれます。

 

黒大豆きな粉

きな粉自体はあなたもよく知っていると思います。

 

このきな粉も黒汁(KUROJIRU)においては重要な働きをします。

 

黒汁(KUROJIRU)で含有しているのは北海道産の黒大豆由来のきな粉。

 

黒大豆の種皮には多くのポリフェノールが含まれていて、強力な抗酸化作用をもたらしてくれます。

 

ほかにも、内臓脂肪の蓄積を抑制する効果も期待できます。

 

黒酢

言わずとしれた健康酢ブームの牽引役とも言えるのがこの黒酢。

 

原料(米・米麹・水)を6ヶ月以上の長期間発酵・熟成させることによってアミノ酸と等が反応して黒褐色化することから「黒酢」と呼ばれています。

 

黒汁(KUROJIRU)は鹿児島県福山町の伝統製法で作られた壺づくりの黒酢を使用しています。

 

血液をサラサラ似する効果や、疲労回復、美容にダイエット、抗酸化作用や冷え性改善、便秘改善など様々な効果が期待できるのが特徴です。

 

黒ニンニク

ニンニクそのものは誰もが知る成分、というか食品ですね。

 

学名ではAllium sativumといい、ユリカの多年草です。英名ではガーリック(garlic)といいます。

 

有効成分にはアリイン、スコルジニン、ビタミンB1などが含まれています。

 

なかでも、アリシンにはビタミンB1の吸収を促進する働きや抗酸化作用、殺菌、保温、食欲増進などの作用があります。

 

黒汁(KUROJIRU)はにんにく生産量日本一の青森県産の最高級品種のにんにくを配合しています。

 

冷え性の改善効果も期待できます。

 

黒高麗人参

高麗人参(こうらいにんじん)自体は誰もが一度は耳にしたことがあると思います。

 

中国東北部から稜線半島にかけて自生するウコギ科の多年草のことを指し、朝鮮人参とも呼ばれます。

 

和名はオタネニンジン(御種人参)といいます。

 

黒汁(KUROJIRU)はこの高麗人参を「蒸す⇒乾燥させる」という工程を9回繰り返すことで黒くして、活力成分を増加させた「黒高麗人参」を配合しています。

 

抗酸化作用や血行促進作用、抗炎症作用などの効果を期待できます。

 

黒ハチミツ

ハチミツ(蜂蜜)自体は、いまさらここで解説するまでもないようなメジャーな成分。

 

ミツバチ(蜜蜂)が採集した花蜜が三部地の体内で酵素(α-グルコシターゼ)によって変化したものをいいmさう。

 

その蜂蜜を花から得られた発酵菌で発酵させたものが黒ハチミツです。

 

発行することで、抗酸化力が280倍にも増加すると言われています。

 

黒チアシード

黒チアシードには、善玉コレステロールを増やして、お腹の調子を整える効果が期待できます。

 

抗酸化物質であるポリフェノールが多く含まれているのが特徴です。

 

抗酸化作用とは?

悩む女性

 

ここまで、黒汁(KUROJIRU)に含まれる9種類の黒成分について解説しました。

 

特徴的なのが、抗酸化作用ですね。

 

この抗酸化作用とはいったいなんのことを指すのでしょうか?

 

活性酸素を抑える

そう。抗酸化作用とは、活性酸素を抑える働きのことをいいます。

 

活性酸素自体、あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、ここまでの時点ではとりあえず、抗酸化作用=活性酸素を抑える働きと覚えておいてください。

 

活性酸素とは?

胸に手を当てる男性

 

では、活性酸素とは具体的にどのような酸素のことなのでしょうか?

 

活性酸素は細胞を酸化させる

活性酸素は、細胞を酸化させる(サビさせる)ことから人体にとっては有害であるとされています。

 

細胞が酸化されると、細胞の集合体である臓器や組織の機能が衰えてしまいます。

 

その結果、老化を進行させ、ガンや生活習慣病を引き起こし、しびれや冷え性などの症状も招きます。

 

大気汚染物質やタバコ、ストレスなども活性酸素発生の原因とされています。

 

9種類の黒成分まとめ

人差し指を立てる女性

 

かなり、難しい言葉も並んでしまいましたが、9種類の黒成分についてまとめてみました。

 

ここで、改めて、簡単に9種類の黒成分の特徴や効果についてまとめます。

 

  • 9種類の黒成分は主に抗酸化作用がある
  • 抗酸化作用とは活性酸素を抑える
  • 活性酸素は細胞を酸化させること

 

だからこそ、黒汁(KUROJIRU)は高いダイエット効果をもたらすだけではなくて、健康をサポートする効果も非常に高いダイエットスムージーといえるんです。

 

黒汁(KUROJIRU)の特徴についてはこちらのトップページで解説しているので、ぜひ参考にしてください。

 

【効果なし?】黒汁(KUROJIRU)を飲んだ口コミ!ダイエット体験談